2020年7月10日金曜日

二つの気持良さ

太極拳をやると気持ちいいと言いますが、その気持ち良さの意味合いも様々ですし、又、ある程度鍛錬を積まないと解らない気持ちよさもあります。
もちろん私もまだ体験したことのない気持ちいい世界があると思っていますし、それを楽しみにもしています。

いずれも太極拳で気持ちよくなるためには、まず姿勢です。
正しい姿勢が出来ていなければ、内面で感じる気持ち良さにはなってきません。
もし現時点でも気持ちいいと感じているのであれば、その気持ち良さの数十倍になると思っていてください。

私は表演太極拳も経験してきましたが、表演の気持良さもあります。
人に感動を与えたくて懸命に練習し、そして人前で披露する緊張感と達成感、またその後の人から頂いた感想によって得られる喜び。
これも太極拳の楽しみ方のひとつだと思います。

私はよくばりなのでこれだけでは終わりません。

伝統太極拳では人に見て頂くことを目的としていません。
伝統太極拳で得られる一番のものは、強さです。
強さというと、体を鍛え上げ、喧嘩に強くなるというイメージかもしれませんが、太極拳で言う強さはそれとは異なります。

外見で言えば、伝統太極拳の鍛錬を積んでいくと、まず痩せます。
深い呼吸によって脂肪燃焼が高まり無駄な贅肉が落ちるので、太極拳を始めとする内家拳家はスリムな先生方が多いです。

先ほど無駄なものが落ちると言いましたが、それは贅肉だけではありません。
生まれたばかりの頃にはなかった、力み、こわばり、つっぱり、過剰な防衛反応や闘争心、虚栄心等、これら無駄なものが落ちていきます。

これらが付随してきた理由は、子供の頃に遡り思い起こせばいろいろその原因が浮かんでくるでしょう。
人間は生きて行く上で様々な経験を積んで行きますが、辛いことに打勝とうとすればするほど、何故が真逆の方向に走ってしまうから厄介です。
そのことが体を緊張させ、様々な病気を誘発させてしまいます。

体だけではなく心も辛いことから身を守ろうとするあまり硬くなり、先ほどのような過剰反応が起きるようになります。
大人になれば強くなると思っていたのに、そうではなかったということに気付かされます。

もし仮に子供の頃より強くなったと感じるのであれば、それは辛い事や恐怖から回避する方法を身に付けたということのように思います。
学生時代のいじめっ子がいつまでも強いかといえばそうでもない場合が多いですが、学生時代の喧嘩の強さは社会には通用しませんからね。

いずれも真の強さとはなんでしょう?

回避する能力でしょうか?

それもひとつだと思いますが、もっと強いものがあります。

それは「受け入れる」ことではないかと思います。

太極拳で得られる力は、筋肉を鍛えた力ではなく、受け入れる力です。

闘おうとするから勝敗が生じます。
もちろん勝ちを取りに行くことは素晴らしいことだと思いますし美しいことだとも思います。
しかしそのことが一生続くでしょうか?
いずれ引退時期が訪れ尻つぼみの人生になってしまってはなんだか悲しいですよね?
過去の栄光にすがるのも人生でしょうが、私なら別の道を選びます。

道場に賞状を飾りましたが、それは過去の栄光や業績に酔いしれるためではありません(笑)
「あの時出来たのだから、今もできる、いやもっと出来る」と思いたいからです。

太極拳で得られる強さは永遠です。
死ぬまで強いのが太極拳です。

闘わない、恐れない、逃げない、追わない、誤魔化さない、背伸びしない・・

川の中の水の一部分のように周りと溶け合いながら、周りに逆らうことなく流れに身を任せ、いずれ大海原へと流れ着き、そしてその後、蒸気となり天に昇る。
そんな感じです。

伝統太極拳で得られる力は、受け入れる力を身に付けることであり、この強さは年齢に依存しないので永遠です。

打たれ強く、打たれても痛みを感じなくなり、怪我をしてもすぐに治ってしまう強靭な体です。
この状態になってくると今までになかった気持ち良さを感じるようになります。
この気持ち良さはなんでしょう?

私の感覚では「空間との融合」です。

この気持ち良さは決して人には見せたくない自分だけの宝物のように感じます。

見せて気持ちい太極拳と見せたくない気持ちいい太極拳。

どちらもおいしいですが、永遠であるのは後者の太極拳です。


2020年4月14日火曜日

今必要なのは情報よりも瞑想 ~コロナの意味~

仕事に疲れたら気晴らしに動画サイトを観る。
酒も煙草もやらない自分にとっての唯一の娯楽はお笑いと音楽関係の動画を観ること。
武術関係の動画は観ない。
あり過ぎる情報は自分が求めている武術の邪魔になるから。

家でテレビのスイッチを入れることはない。
実家を出た16歳の時から今に至るまでずっとテレビを見ていない。
暗い情報が多いし、自分のやりたいことの邪魔になるから。
だから良くも悪くも情報に流されることはない。

しかし動画サイトを観ていると嫌でも入ってくるコロナ情報。
その中からひとつだけ興味ある動画を見つけた。

ロシアで行われている街ごと消毒薬ジェット噴射作戦。

言っては悪いがあまり効果ないと思う。
コロナは街にいるんじゃない。
人の中でしか生きられない小さな寄生虫のようなウイルス。
人から人へと飛び移って感染する。

大都市では非常事態宣言が発令され、自粛する人もいればそうでない人も。
渋谷、新宿、池袋などのビッグタウンでは人が減っていても、吉祥寺等の小さな繁華街は人で溢れている。
とはいえ私が現在住んでいるところに比べれば吉祥寺は大都会。

感染リスクが街の規模に比例していると思っているのだろうか。
政府が3つの密を避けよと言っている意味が解っていないのだろうか・・

そんな中、私の生活は自宅と道場の往復。
毎日、1人か2人の生徒に対し気功と太極拳を指導している。
気功では深い瞑想を行う。

ここで思うこと。

今、必要なのは情報ではない。
瞑想。
いわば何も考えないこと。

それによって得られた答え。

コロナの意味。

コロナ情報漬けになっていては絶対気づけないと思う。
なぜならコロナだけの式で計算しようとするだろうから。

コロナ式だけではなく、もう一つの式がある。
その二つの方程式によって導き出されるコロナの意味。

よく考えてみて欲しい。

人はいずれ死ぬ。
この6年間のデータによると国内では1日に3280人の人がこの世を去っている。
最も多いのが癌、次に心臓病、次に脳疾患。

コロナの死者数ばかり報道されるが、毎年インフルエンザで亡くなる人は3000人もいるという。
1日50人以上の人がインフルエンザで亡くなっている計算になる。

これをコロナに当てはめてみる。
毎日50人以上の人が死んでいると報道されれば怖くないだろうか?

人が恐怖を感じるのは死ではなく未知のこと。
死ぬのが怖いのなら生きていくことなんかできない。

もうひとつ別の角度から考えてみる。
もしコロナウイルスがこの世になかったら安全だっただろうか?

コロナが終息すれば100%安心な暮らしが待っているのだろうか?

そんなことはない。
病気でなくとも毎日交通事故で111人の人が亡くなっている。

これをコロナに当てはめて考えるとやはり恐怖を感じるでしょう。

過去に葬儀の仕事に携わっていたことがあるが、家族が深い悲しみを感じるのは交通事故や殺人等による故人の急死。
病死の場合は親族も覚悟が出来ていただろうけど、昨日まで元気だった人がいきなり他界することはやはり辛い。

もうひとつ別の角度から考える。

もしコロナウイルスがこの世になかったら、世界はどうなっていたでしょう?

ただでさえ人口が増え過ぎて食糧難。
栄養が足りなければ病にかかりやすくなる。
世界で飢餓に苦しむ人は8億人以上にもなり、その数は世界人口の9人に1人。
そしてその飢餓によって1分に17人の命が失われて行く。

日本で飢えに苦しみ毎分17人の人が死んでいくなんてことが考えられるだろうか?

日本は大変豊か。
それだけに高齢化がどんどん進んでいる。

しかし今の高齢化社会をどう乗り切れるだろう?

私の生徒の中でも親の介護を理由に休会される方が非常に多い。
そして介護疲れによって自分も健康を害してしまう。
介護職をされている方も非常に多く、毎日大変だと言う。

コロナによって医療崩壊が危ぶまれているが、
私はその前から介護崩壊しないかとずっと心配してきた。
寝たたきりで自力で生きて行くことができなくなった時、介護なくしてどうやって生きていけるだろうと。

話しを戻すが、
コロナによって亡くなられている方は高齢者がほとんど。
今テレビで報道されているのはコロナ一色で、視聴者はコロナの死者数ばかり数えている。
人は意識したものしか見えなくなる生き物。

日本のコロナ感染者はおよそ16万人中の1人。
その中で亡くなられる方は54人中の1人。(2020/4/14現在)

先ほど話した通り、インフルエンザで亡くなっている人は毎年3000人に対し、コロナで亡くなっている人は現時点で137人。
それでもコロナが一番恐ろしい病気なのだろうか?

一番恐ろしいのはウイルスではない。

自分の健康管理。

なぜなら健康な人はインフルエンザにもコロナにもかからないし、かかっても2週間程で治ってしまう。
ウイルスや菌と闘ってそれに打ち勝てる者が健康状態を保てる。

人間は生まれる前、2憶から3億匹もの精子が女性体内の白血球によって殺され、その中のわずか1匹だけが生き残る。
私達はすでにそんな死闘の中から生き残った英雄。

健康を保つというのは保っているのではなく闘い続けているということ。

最後にもうひとつ、
宇宙規模で考えてみよう。
コロナウイルスがこの世になければ今ほど亡くなる人が増えなかっただろうか?

前述した式にあてはめれば答えが出ると思う。

コロナが存在しても
しなくても、
毎日亡くなる人の数は・・

答えは平面上の式だけではなく時間軸にあるということ。

何もおかしなことは起きていない。
起こるべくして起きており、地球自体がバランスを保とうとしていることが見えてくる。

長々と書いてしまったが、
これはあくまでも私自身の瞑想によって得られたもの。

しかし辻褄が合いませんか?

***

淡々と書いてしまったが、コロナによって犠牲になられた方へは心からお見舞い申し上げると共に、ご冥福をお祈りします。



2019年11月14日木曜日

気の乱れで起こること

最近あまりにもいろんなことがあり、SNSに投稿する気になれなくなったのでしばらく気づいたことを本ブログに書き綴っていこうと思う。

***

長年の筋肉の世界からようやく抜け出せたと思いきや、昨日の前半はそこに引き戻されてしまった。
気の乱れによるもの。
今日解ったことは心が乱れが気を乱し、その乱れで「立つ」感覚が消えてしまう。
なんとか姿勢を安定させようとし、自分の中でタブーである筋肉で支え、久しぶりに不快な套路鍛錬になってしまった。

逆にいえば、体を支えようとするあまり力んでしまっていた長かった時代を思い出す。
師の助言がなければ、もしかしたら今でも力で支えようとしていたかもしれない。
師の真っすぐなお言葉は本当に有難いものだと改めて感じた。

力ではない力で動こうとするとをこれほど気持ちいいことはないし、体がどんどん熱くなる。
中からじわっと汗が噴き出し、体がどんどん軽くなる。
体を支えているという感覚から、まるで茶柱が立ったかの如く沈む感覚と浮揚感覚。

武術班の稽古ではほとんど喋らないが、それでいながら弟子達は自分と同じような感覚を味わっているよう。
言葉ではなく、気で繋がっているという感じなのだろうか?
自分自身も指導スイッチをオフにできるから深い瞑想状態に入れる。

太極拳は套路を覚えてからと思っていたが、この深い瞑想状態に入ってからが始まりのような気がする。
この入口の先になにがあるんだろう?

2019年5月21日火曜日

上がると沈む、沈むと上がる

久しぶりの投稿になります。
他のSNSに走っていましたが、blogに戻ります。

今回のタイトルは「上がると沈む、沈むと上がる」

例えば手を上げる動作の時、手の中の水分がすぅ~っと下に降りて行き、丹田から下に溜まるような感覚がある。
その結果、腕の中の重いものが下に落ちるので、腕はまるで煙のごとく軽くなる。

逆に、軸足にす~っとと体の重さを預けると他の部分が軽くなる。
例えば、後ろ足を前に送る時、その間片足立ちになるが、その時や、
あるいは、片足で立つ動作や蹴りの動作など。

まず、最初の手を上げる動作や、蹴り動作で腰の位置が上がる時、ほどんとの人は上げようとしてしまう。
結果、氣が上がってしまい、上が重い状態になる。
こうなると軸がぶれやすくバランスが崩れやすくなってしまう。

上がる時は、体の中の水分がす~っと下に降りて行くようにイメージする。
そうすると、下が重くなり上が軽くなり、結果安定する。

逆も同じ。
沈もうとすると、逆にその力が跳ね返ってきて、そのパワーが上に上がって行く。
ゴムまりを地面に叩きつけると跳ね返ってくるように、ゴムまり自身が飛び上がったのではなく跳ね返った力で上にあがる。

この上がってきた力を自分のイメージする方向に向けることができるのが、氣のおもしろいところでもあり、太極拳のおもしろいところでもある。

氣というのは、意のままに操ることができる。

こういう感覚は、理解しようとしても体感できるまではそれなりに時間がかかる。
しかし知識として持っておいたほうが良い。

大切なことはとことん脱力すること。

上がる時こそ沈み、
沈もうとすると上がってくる。
そんなふうに意識していれば、地球の力や氣の力などを徐々に感じれるようになるだろう。


2018年12月16日日曜日

ノーモーション楊式太極拳

楊式太極拳では打ったり受けたりする動作がない。
正しく言えばあるが、それがわからないのが楊式太極拳の特徴だと思う。

他の武術や格闘技を見ていると、
打ったり受けたりする時に何かしらの動きが必ずある。
それは、
腕であったり、肩であったり、腰であったり、脚であったり、目であったり・・

しかし楊式にはそれがない。
ノーモーションなのである。

師の拳を今まで何度も受けたことがあるが、
打ってくるタイミングがわからない。
だから、壁に激突しそうになるほど吹っ飛ぶ。

その特徴となる打ち方が暗勁と言われる。
この場合の暗とは勁(力)を隠すという意味だと思われる。

例えば同じ太極拳でも陳式太極拳があるが、こちらは明勁。
明らかに打つ動作(モーション)がある。
しかし、その威力があまりにも凄まじいので
来るのが解っていてもなかなか避けきれない。

かなり動体視力が優れているのであれば、かわせるだろうが
いずれもこの陳式独自の明勁に楊式の化勁を使うのはなかなか難しい。

では、楊式の暗勁はどんな感じだろう?

私のイメージでは、風。
風は目に見えない。
そよ風から入り、その風がいきなり突風に変わる。
師に拳を突き出すと、風のようにいなされ、風の如く打たれる。

昔のアニメに赤胴鈴之助というのがあったが、
もっとも凄まじい技が真空斬りといい、自ら風を起こし風で相手を吹っ飛ばす。
子供の頃あの技にすごく憧れた。
こんな技が使えたら、悪い奴をガンガンやっつけることができると(笑)

あれはあくまでもアニメだが、
かなり共通するものはあると思う。

私が楊式太極拳の魅力にとりつかれどんどん嵌っていくのは、
子供の頃、風を扱うあの技に憧れたからだと思うし、
なにより私は風がすごく好きだから。

2018年12月15日土曜日

使えない技

氣を用いて闘う武術を内家拳と呼んでいるが、
その中でも私がウエイト置いているのが楊式太極拳。

まるでゆっくりと舞っているかのような太極拳だが、
その技の威力を知れば知る程恐ろしく、
決して使えない、
使ってはならない技であることがわかってくる。

タイトルを「使えない技」としたが、
その威力が大き過ぎるだけに使ってはならないということ。

始めばかりの頃はその技を知りたくていろいろ研究したが、
研究するためには相手がいなくてはできない。

最初は力の出し方がわからないから、
それはまるで子供のプロレスごっこのようなものだった。

しかし、ある時から徐々に力(勁)の出し方がわかってきて、
何度か相手になってもらった人を思いっきり吹っ飛ばしてしまい
危うく大怪我させてしまうところだった。

その時は小さな怪我で済んでよかったが、
下手をすれば命の危険につながる可能性も少なからずあったということ。
その頃から私は本気で楊式太極拳の技をかけることを完全封印した。

最近ではDVDや動画サイトでも太極拳の技の用法が紹介されているが、
双方で十分な打ち合わせをした上に、安全性を配慮し行っているはずだし
危険な技はそのまま出来ないから相手役に演技をしてもらわないといけないこともあるだろう。

そもそも何の技をかけられるか解っていれば相手役もそれに備えることができるし、
受け身を使うこともできる。

だから、
本当の楊式太極拳の恐ろしさは決して見せることはできないということ。

その力は相手の攻撃の威力が大きければ大きいほど相手へのダメージも大きくなる。
全速力で走って壁に頭をぶつけたらどうなるだろう?
打ち所が悪ければ即死だろう。

それほど恐ろしい技を身につけて一体何になるのか?
今まで何度も思ったことがある。

しかしその使わない技を使えるようになるための鍛錬は非常に奥が深く、
普通のトレーニングでは決して身につけない、筋力や不思議な力を身につけることができる。
そしてそれは健康や治療に役立てることができる。

それに、アメリカでは護身のために銃を所持することが許されているが
日本では猟銃以外は所持することは許されていない。
仮に銃が持てなくともナイフはいくらでも手に入る。

そんなものを突き付けられたり、
銃口を向けられたらどうすればいいだろう?
警察を呼んでも間に合わないし、逃げることもできなかったら?

そんな場面に出くわす確率は極めて低いだろうが、
私は今まで危険な目に遭ったことが何度もある。

ある時は半狂乱の男にいきなりビール瓶で殴られその場で気絶。
救急車で運ばれ何針か縫うことに。

他にも暴力団に絡まれたり、
複数の若い男たちに囲まれ袋叩きにされたり。
酔っ払いに絡まれ喧嘩を売られたり・・

最近では夜の繁華街に出ることはほとんどないのでそのような目に遭うこともなくなったが、
少なからずともそういう可能性はゼロではないということ。

刃物を持って刺されそうになったら?
無差別殺人のように、その場でその殺人犯を抑えなければ、
罪もない人たちが次々に殺されることだって考えられる。

だから、
使えない技(使っていはいけない技)を使えるようにしておく必要はあると思う。
警察が拳銃を携帯するように、
一般人も自分で自分の身を守る手段が必要だということ。

そして一生その技を使うことがないことを祈るばかり。

2018年12月14日金曜日

脚を上げるのではなく下ろす?

踵脚(太極拳の蹴り動作)の時、
上げている方の脚が実なのか虚なのか考えてことがあるだろうか?

踵脚の時、上げている方の脚が虚であり、
片足で支えている方の脚が実である。

虚実でいうならば、意識しなければならないのはどちらかといえば実の方。
もっと正確に言えば、実を意識してから虚に行く。
しかし脚を上げる時9割がた以上の人が虚の方に意識が向いてしまう。

※実とは意識が向いている状態や重い状態のことであり、虚とは空とか無の状態で、重さでいえば軽い状態。

エレベーターが上がる時は実は下がっている。
一番上に滑車がついていて、エレベーターが上がる時、錘が下に降りているのである。

エスカレーターも同じ。
昇りのエスカレーターは降りている。
見えていないだけで、昇っているステップの下で降りている。

ロケットは上に上がるが、上に引っ張っているのではない。
ロケットエンジンを下方向に噴射して、それによってロケットが上がる。
つまりロケットは下方向へ力が働くことによって宇宙まで飛び立つことができるのである。

観覧車は上からの景色を眺めたいから乗るものだが、
観覧車は昇ると同時に降りている。

当り前といえば当たり前のことなんだが、
なぜか踵脚になると、ほとんどの人が上げる脚の方ばかりに気がいってしまう。

例えばバスケットボールを床に打ちつけると跳ねかえって上がる。
シュートする時ジャンプするが、ジャンプするためには下方向へ力を加えねば上がることはできない。

何が言いたいか?

つまり踵脚などで脚を上げるということは、
脚を下ろすということ。

そう、実の脚(片足で支えている方の脚)に。

脚を上げようとするのは間違い。
脚を上げるのではなく実の脚に全体重を落とす。
それによる気の跳ね返りで脚が上がる。

上げようと思ったらダメってこと。

数々の例を出したが、上がるためには下への力(沈む力)が絶対必要。

これからは上げる方の脚ではなく、
十分脱力して支えている側の足裏に意識を向けてみよう。
そうすると全身の重さが足裏に落ち、それが地面から跳ね返ってくる。
その結果脚が上がる。

上げるのではなく
ゆるめて沈む。

今日から意識して套路を練ってみよう。