2022年9月28日水曜日

円の秘密

楊式太極刀と楊式太極剣

どちらも意識して欲しいのは
「円の動きになってるか?」ということです。

紙に鉛筆で円を描いてみてください。
力が入っているとうまく描けません。
きれいな円を描こうとするなら、鉛筆を短く持たず少し長めに持ちます。
すると力を入れることが出来ないのできれいな円を描くことができます。

刀や剣でも同じです。
指、手首、肘、肩に力を入れないこと。
どうやって円を描くか?

腕ではなく腹で描きます。

いわゆる体全身で動くということです。

ところで、
なぜ円の動きが大切なのか?

それは「武」を意識すればわかります。
刀も剣も腕を使って振り回すものではありません。
どちらも刃物なのです。

突こうと相手に刃を向ければ、逆に自分の手首を切り落されるかもしれません。

だから太極刀や太極剣は円の動きなのです。
円で捌き、円で斬る。

その動きはとても優雅で美しいですが、
同時にとても恐ろしく残酷なものでもあります。

これが太極拳なのです。







2022年9月23日金曜日

片足立ちは特別ではない

「先生は片足でどれぐらい立ってられますか?」

先日会員さんからこんなことを聞かれました。

私は「さあ、考えたこともない」と答えました。

それもそのはず、
私にとって片足で立つことは特別なことでもなんでもなく、ごく日常的なものだからです。

とはいえ、気になったのでやってみました。
踵脚の状態でやってみたらひとまず1分は出来ました。

片足の状態で軸足を曲げ、蹴り上げている足を後ろに回すことも出来ます。
大きく飛び上がり片足で着地することも出来ます。

しかし、これが特別なことだとは思いません。

日頃から毎日武術の鍛錬をしていれば自然に身に付くもので、大きな勁を出すためにはこれぐらいの軸感覚と放鬆が必要だと考えるからです。

とはいえこれを目的に練習するのはよくないと思います。
私の経験から言わせて頂くと確実に勁力が落ちます。

同じことをやとうとしても何を目的とするかで身につくものが大きく違ってくるということです。

勁力は年齢に関係なく無限に強くすることができます。

病気しない、怪我しない強靭な体をつくるためにも、
武を意識しならが毎日站椿功を実践し、套路をゆっくり練ることを強くおすすめします。

#太極拳 #勁力 #軸感覚 #放鬆



2022年9月20日火曜日

太極拳で最も難しいこと

昨夜の午前クラスは男子のみだったので
推手と散手で勁の使い方を少しレクチャーしました。

相手がどんなに強い力で打って来ようが、猛スピードで打ってこようが、
右へ左へといなしてしまいます。
その中に自分の意思はありません。
まるで風見鶏のように風の向きに合わせてくるくる回るだけ。

ところで、太極拳がなぜ柔拳と呼ばれるのでしょう?

言葉では「柔」と発しておきながら、いざ相手に突きを出されるとついつい剛拳になってしまう。
誰かに思いっきり殴りかかれたら身構えてしまいますよね?
本能なんです。
だから柔わらかい力を使うためにはそれなりのトレーニングが必要です。

しかも柔拳になるために必要なことはテクニックだけではありません。
一番難しいのは「心」です。

「技術1:心9」といった比率でしょうか。

人生で一番難しいことはなんでしょう?

優しくなることでしょうか?
恐れないことでしょうか?

どれも大事ですが、
私が一番難しいと思うのは「許す」ことだと思います。

一旦相手に敵意、憎しみ、恨みを持つと、
それをなかなか許すことが出来なくなってしまいます。
「許す」ということが私は一番難しいと思いますし、
私も人生においてしばしばこれで苦労します。

しかし太極拳で相手から身を守るにはこの「許す」ことが一番大事なのです。

「許す」はやわらかいです。
「許す」には愛があります。
「許す」には友好的な気持ちがあります。

相手の攻撃を許す。
それを受け入れる。
それを返す。

いたずら電話撃退法でありましたよね?
自分の声を本人に返す。

それによって本人が自分の失態を知りそれ以上やろうと思わなくなります。

私が考える太極拳はこんな感じです。

太極拳の技は残酷なものが多いです。
しかしその中には愛があると信じます。

だから私は数ある武術の中かから太極拳を選びました。




2022年9月19日月曜日

聴く

本日自由練習会でした。
参加者は2人。
Y子さんは12月の試験のために弱点克服のための練習、
T子さんは先日楊式刀デビューしたばかりで刀の基本功をひたすら練習しました。

自由練習会の良さは指導と自習時間のバランスがとれていること。
足りない部分を克服するため、短期間で修得するにはとても良い機会です。

話は変わりますが、
太極拳で大事なのは力を出すことより力を抜くことです。

相手を何メートルも吹っ飛ばすことの出来る発勁に憧れると思いますが、
あれは力で飛ばしているのでありません。
呼吸とタイミングなのです。

そのタイミングを知るためにも脱力は絶対必要です。
力が入っていてはその情報を得ることが出来ません。
バッターがホームランを打てるのは力があるからだけではありません。
球をよく見てジャストミートしているからです。

発勁で人を吹っ飛ばすのも同じです。
ジャストミートしなければ絶対に飛びません。
そのために「聴く」「溶かす」「捕える」「発する」することが大事です。

発勁は力を出そうとして出来るものではありません。
無の状態で発する力です。

いずれもまずは聴くこと。
相手の情報が必要なのです。

お喋りな人はこの感覚をなかなか身につけることが出来ません。
人の話を最後まで聞きましょう。
人の話を聞かずにどうやって相手の情報を知ることが出来るでしょう。
自分の情報を相手に与えても仕方ありません。
知ることが大事なのです。

太極拳の練習は道場に来て稽古するだけではありません。
自分を変えていくことから始めることが大事です。

変わらないというのは嘘です。
それは単に変わろうと努力していないだけです。
変わろうと思えば1秒でも変わることが出来ます。



2022年8月29日月曜日

太極拳は趣味ではありません

今朝、稽古の休憩時間に雑談している時、
「私の趣味はバイクと楽器とコーヒー」だと話すと、
Tさんが「武術は?」と聞いてきました。

その場では「武術は当然」と答えましたが、
実際、私にとって武術は趣味ではありません。

武術は自分にとって人生であり
生き方そのものなんです。

趣味というのはあくまでも空いた時間にやるものであって、
私にとって武術は生活そのものです。

料理をしてる時
掃除をしてる時
風呂に入っている時
外を出歩いている時

すべて武術です。

因みにバイクや楽器も武術です。
なぜなら丹田を使ってバイクを操り、丹田を使って楽器を演奏するからです。

私は来年還暦になります。

バイクに関しては遅咲きですが、今からレーサーになれるでしょうか?
楽器ならどうでしょう?

始めるのに遅いということはないと思います。
しかし、これらでプロになれる可能性はかなり低いといえます。

では太極拳ならどうでしょう?

太極拳は年齢関係ありません。
修行を積めば積むほど神のような力が得られます。
90になっても、100になっても。

これこそが残された人生を太極拳に掛けようと思う理由です。

バイクや楽器は太極拳の基本があればそれなりにこなせるようになります。
全部、生きてくるのです。

だから人生まるごと最高に楽しくなるのです。

太極拳は50代からと言われています。
これからが人生の始まりなんです。


楼膝拗歩の秘密

楼膝拗歩(ろうしつようほ)は太極拳では基本かつ汎用性の高い技のひとつです。

この楼膝拗歩についてですが、
何度指導しても打つ前に掌を前に向けてしまう会員さんが多いです。

そもそもなぜ打つ前に掌を前に向けてはいけないのでしょう?

太極拳という武術はいかに敵を欺くかが鍵となります。
いわば手の内を見せてはいけないのです。

勘のいい人ならもうお気づきですね?

ひとつ例をあげるなら、投手が変化球を投げる時、球の握り方をグラブで隠しますよね?

それだけではありません。
掌を前に向けない理由はまだまだあります。

気の流れる方向
力学的な理由
呼吸との関係
丹田との関係

等々。

楼膝拗歩に限らず、套路の順番を覚えたら、今度は一式一式丁寧にやることが大事です。
そして、その動作の意味を探求することも大事です。

私が最初、太極拳に魅力を感じたのは、その動きが闘っているようにみえないところでした。
それこそが太極拳で最も重要なことなのです。

#楼膝拗歩 #楊式太極拳 #呼吸 #丹田 #気の流れ



2022年8月19日金曜日

考えない

最近小人数が続いてますが、
その分一人一人時間を掛けて指導出来るのでこの機会にしっかり力をつけて欲しいと思うところです。

昨日から今日に掛けて共通して感じたことは、動きがバラバラになってしまうことです。

初心者であれば仕方ありません。
しかし5年以上やっていてもそうなるのは、太極拳の動き方が理解できておらず、それを実践出来ていないからです。
又、考え過ぎてしまって深みに嵌ってしまうケースもあります。

太極拳に限らずなんでもそうですが、考えすぎると人間動きが硬くなるんです。
動きがきれいな人は何も考えていません。
ただただその瞬間を楽しんでいるだけです。

私の場合、
動かない時は何も考えない、
動く時も何も考えない、
当然、いなす時も、打つ時も何も考えません。

立禅をする理由は瞑想するためです。
いわゆる無になることです。
思考回路のスイッチを切りましょう。

立禅の時、雑念や妄想に囚われていませんか?
立禅でそうなってしまうのであれば套路で無になるのは難しいでしょう。

「手本を見せるからよく見てて」

私はそう言って、頭のスイッチを切ります。
そして体に任せます。

いいところを見せようとか、気負ったりとか、
そんなこと考えると大抵ヘマをします。

何も考えない。
呼吸で動く。
それだけで動きはずっと良くなります。

今日限り考えるのをやめましょう。